一緒に学ぶiPhone

「あとで読む」ならリーディングリストに保存しよう

iPhone初心者の私と一緒にiPhoneの使い方やちょっとしたテクニックを学んでいくコーナーです。

今回は、ブラウザアプリSafariを使って、ウェブページを一時的に保存し、あとから読めるようにする方法を学びます。

「このページ、あとでじっくり読みたいな」というときにとても便利ですよ。

やりかた

保存する

  1. ブックマークボタンをロングタップ(しばらく指を置いたままにする)
  2. 「リーディングリストに追加」をタップする

開く

  1. ブックマークボタンをタップする
  2. リーディングリストタブをタップする
  3. 読みたいページをタップする

ひとこと

Safariに標準で備わっている「リーディングリスト」という機能を使った方法を学びました。

リーディングリストの画面左下にある「未読のみ表示」をタップすれば、まだ読んでいないページだけに絞り込むことができますよ。

それと、画面右下の「編集」をタップして対象を選択し、「オフライン用に保存」をタップすれば、電波の届かないところでもページが読めるようになります。

このオフライン保存は設定で自動化することも可能です。[設定] -> [Safari]の順に進み、「自動的にオフライン用に保存」をONにします。これでオフライン用のデータがiPhoneの中に自動的に保存されるようになります。

ページのアドレスだけを保存するブックマーク / お気に入りに対してリーディングリストは既読 / 未読も判別できますし、オフライン用にページのデータを丸ごと保存できるので、”あとで読む”のにより適した機能ですね。その代りブックマークのようにフォルダで整理したりは出来ないので、うまく使い分けると良いと思います。

数日以内に読む予定のものはリーディングリストへ、フォルダで仕分けながら長期保存したいものはブックマーク / お気に入りへ、という感じでしょうか。もちろん両方に記録してもOKです。

コメントを入力

CAPTCHA