一緒に学ぶiPhone

特定の時間帯はiPhoneを使えないようにする

iPhone初心者の僕と一緒にiPhoneの使い方やちょっとしたテクニックを学んでいくコーナーです。

今回は、何時から何時まではiPhoneを使えません!っていうふうにするやり方を学びます。

これまで学んできたスクリーンタイムの機能を使います。

こんなかんじ

やりかた

スクリーンタイムがオンになっていない場合、次のページを参考にして先にスクリーンタイムをオンにしてくださいね。
毎日iPhoneをどれだけ使ってる?「スクリーンタイム」をオン / オフしてみよう!
  1. 「設定」>「スクリーンタイム」の順に選択する。
  2. 「休止時間」を選択する。
  3. ボタンをタップしてオンにする。
  4. 制限する曜日と時間帯を設定する。

ワンポイント

制限を無視

休止中はアプリが使えなくなりますが、使いたいアプリのアイコンをタップして「制限を無視」とすればまた使えるようになります。

制限を解除するには

制限を完全に解除するには「休止時間」をオフにします。

  1. 「設定」>「スクリーンタイム」の順に選択する。
  2. 「休止時間」を選択する。
  3. ボタンをタップしてオフにする。

休止中に使えるアプリ

休止中に使えるアプリは自分で決められます。

スクリーンタイムの設定画面にある「常に許可」から設定します。

ひとこと

iPhoneの使いすぎを防ぎたいときや生活にメリハリを付けたいときに便利な機能です。

でも「制限を無視」から簡単に解除したり緩めたりできちゃうので抑止力としてはちょっと弱いかなという気もします。

実はこの機能の本当の威力は「親が子のスマホを管理したいとき」に発揮されます。この辺りの機能も今後学んでいきたいですね。

コメントを入力

CAPTCHA