Android Windows Phone

サムスン、IFA2012でWindows Phone 8を搭載したスマートフォン「ATIV S」を発表

Samsung ATIV S

Samsung ATIV S

ドイツで開催されていたIFA2012にて、サムスンがWindows Phone 8を搭載したスマートフォンを発表しています。サムスンはWindows OSベースの端末を「ATIVシリーズ」として展開していく計画で、今回スマートフォンは「ATIV S」が発表されました。また、主にタブレット向けのOSとなるWindows RTを搭載したタブレット端末「ATIV Tab」も同時に発表しています。

「ATIV S」は、Galaxy S IIIのWindows Phone版のようなモデルで、4.8インチHD AMOLEDディスプレイや、1.5GHzデュアルコアCPUなどを搭載したハイスペック機です。8.7mmのスリムボディーに2,300mAhの大容量バッテリーを搭載するのも特徴の1つとなっています。

ATIV Sのスペック

  • 端末サイズ:137.2×70.5×8.7mm
  • 重さ:135g
  • ディスプレイ:4.8インチ HD(1280×720) Super AMOLED
  • OS:Windows Phone 8
  • CPU:1.5GHzデュアルコア(Qualcomm Snapdragon S4 – MSM8260A)
  • RAM:1GB
  • ROM:16GB、32GB
  • 外部メモリー:microSD/microSDHC/microSDXC(最大64GB)
  • カメラ:背面800万画素、前面190万画素
  • 無線LAN:IEEE802.11 a/b/g/n
  • Bluetooth:3.0
  • NFC:○
  • 通信規格:HSPA+ 42Mbps(850/900/1900/2100MHz)、EDGE/GPRS(850/900/1800/1900MHz)
  • バッテリー容量:2,300mAh

ATIV Tabのスペックも掲載しておきます。CPUはデュアルコアでインパクトはありませんが、8,200mAhバッテリーや2GB RAM、NFCチップなどを搭載する点に注目です。モバイルネットワークには非対応となっています。

ATIV Tabのスペック

  • 端末サイズ:265.8×8.9×168.1mm
  • 重さ:570g
  • ディスプレイ:10.1インチ FWXGA(1,366×768) 液晶
  • OS:Windows RT
  • CPU:1.5GHzデュアルコア(Qualcomm Snapdragon S4 – APQ8060A)
  • RAM:2GB
  • ROM:16GB、32GB
  • 外部メモリー:microSD/microSDHC/microSDXC(最大64GB)
  • カメラ:背面500万画素、前面190万画素
  • 無線LAN:IEEE802.11 a/b/g/n
  • Bluetooth:4.0
  • NFC:○
  • 外部端子:microHDMI、USB
  • バッテリー容量:8,200mAh

Windows Phone 8とは

マイクロソフトが今年6月に正式発表したモバイル向けのOSの最新版。今年の秋から世界180か国以上でこれを組み込んだ端末が発売される予定です。現行のWindows 7 / 7.5が対応していなかった高解像度ディスプレイやmicroSDカード、NFC、アプリ内課金、最大64コアまでのマルチコアプロセッサなどに新たに対応したほか、マルチタスクの強化、地図機能の強化、モバイル決済の強化、スタート画面の機能向上などが行われています。現在のところハードウェアパートナーはNokia、HTC、サムスン、ファーウェイの4社。

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ