Galaxy S4はピクセル密度400ppi以上のAMOLEDディスプレイを搭載して来年Q2に発売?


サムスンがGalaxy S IIIの後継機種である「Galaxy S IV」を、早ければ来年の第2四半期に発売すると韓国メディアが業界関係者からの話として報じています。

報道によれば、Galaxy S IVにはピクセル密度400ppi以上のAMOLEDディスプレイが採用されるということです(ただしGalaxy S IIIと同じくPentile配列になるとのこと)。また、グラフィックス性能も強化され動画やゲームの表示がよりスムーズになり、一方で消費電力はこれまでの3分の1以上少なくなるそうです。このGPUはImagination Technologiesが設計したものだということです。

アプリケーションプロセッサにも開発コードネーム「Adnis(アドニス)」で呼ばれる、サムスン独自の新型プロセッサが採用されるそうです。過去の報道では製品名は「Exynos 5450」で、製造プロセス28nmのARM Cortex-A15ベースの4コアCPUを搭載していると報じられています。

情報元:毎日経済