テクノロジー デバイス&OS

GoogleがSDK「ARCore」をリリース。普通のAndroidスマホで本格的なAR体験が可能に

Googleが、Apple「ARKit」の対抗となるAndroid端末向けのARアプリ開発キット「ARCore」のプレビュー版をリリースしました。

GoogleのAR技術には「Tango」があり、国内ではTango搭載機種としてレノボの「PHAB2 Pro」とASUSの「ZenFone Zoom S」の2つが発売されていますが、これらは3つのカメラを搭載するなど特別なハードウェアや機能によって本格的なAR体験を可能としています。

「ARCore」で開発されるARアプリは、Tangoに対応していない、いわゆる「普通」のAndroid端末で動作します。プレビュー開始時点ではAndroid 7.0 Nougat以降を搭載したGoogle Pixel/Pixel XLとGalaxy S8のみで動作しますが、プレビュー期間内に対応端末を拡大し、将来的にはAndroidの標準機能として世界中の端末で使えるようにするということです。

ARCoreはJava / OpenGL、Unity、Unrealで利用可能です。特徴は次の3点です。

モーショントラッキング
スマートフォンのカメラとIMUセンサーのデータを元に、スマートフォンが移動した位置と方向(ポーズ)を認識。仮想オブジェクトを正確に配置できる。
環境の把握
ARオブジェクトを置く床やテーブルの水平面を検出できる。
環境光の推定
周囲の光を観測し、環境に合わせて仮想オブジェクトに光を充てることで、外観のリアリティーを高める。

ARCore Overview | ARCore | Google Developers

情報元:Google Official Blog

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ