デバイス&OS

Galaxyブランドの2in1 Windowsタブレット「Galaxy Book」が日本で11月中旬に発売

サムスンがGalaxyブランドの2in1 Windowsタブレット「Galaxy Book 10.6」「Galaxy Book 12.0」を、日本で11月中旬に発売すると発表しました。

価格はオープンプライスで、市場想定価格も発表されていません。

Galaxy Bookは、付属のキーボードカバーを装着することでノートPCスタイルでも使える、いわゆる「2in1」のWindowsタブレットです。

Galaxy Noteシリーズでおなじみの専用スタイラスペン「Sペン」も付属し、指でのタッチ操作はもちろん、Sペンを使った高度な手書き入力、イラスト入力が可能となっています。

そして独自ソフトウェア「Samsung Flow」によって、対応スマートフォンと同期してタブレット側で通知を受信したり、データ送信をしたり、スマートフォンの指紋認証を使って安全にログインするなどのことができるようになっています。

今回発売される製品は、10.6インチディスプレイを搭載したモデルと、12.0インチディスプレイを搭載したモデルの2製品です。どちらも画面比率は3:2で、液晶ではなく、sAMOLEDが採用されています。

10.6インチモデルは解像度が1,920×1,280ドット。OSはWindows 10 Pro。CPUは第7世代のIntel Core M3(2.6GHzデュアルコア)。メモリーはメインメモリーが4GBで、内蔵ストレージが64GB(eMMC)。

カメラはフロントのみ500万画素カメラを搭載しています。

外部インターフェースは、microSDカードスロット、USB Type-Cポート×1、3.5mmイヤホンジャック。

モバイル通信機能には非対応で、通信機能としてはWiFi802.11 a/b/g/n/ac(MIMO)、WiFiDirect、Bluetooth4.1に対応。ほか、GPS、GLONASS、加速度センサー、磁気センサー、光センサーを搭載しています。

本体サイズは261.2 x 179.1 x 8.9mm、重さは648g。

付属のキーボードカバーは55度と40度の2段階で角度調整が可能です。

12.0インチモデルのスペックがより高く、画面解像度は2,160×1,440ドット。CPUは第7世代Intel Core i5-7200U(3.1GHzデュアルコア)。メモリーはメインメモリーが8GBで内蔵ストレージが256GB(SSD)。

カメラは500万画素のフロントカメラに加えて、1,300万画素のリアカメラも搭載しています。

一方、OSはWindows 10 Homeになります。

通信機能、センサー、GPSは10.6インチモデルと共通です。

本体サイズは291.3 x 199.8 x 7.4mm,、重さは754g。

キーボードカバーは60度、53度、40度の3段階で調整できます。

関連リンク:プレスリリースGalaxy Book

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ