デバイス&OS

ドコモの「ワンナンバーフォン ON 01」を写真と動画で紹介

2018年10月17日に開催されたNTTドコモ2018-2019冬春新商品発表会に出席して11月下旬発売予定の「ワンナンバーフォン ON 01」を見てきましたので写真と動画をコメント付きでお届けします。

ワンナンバーフォン ON 01は、ワンナンバーサービスに対応したスマートフォン周辺機器です。

ワンナンバーサービス(月額540円)は、1つの電話番号をスマートフォンとアクセサリ端末で共有して音声通話・データ通信ができるようにするサービスです。これを利用することで、ワンナンバーフォンを、いつも使っているスマートフォンの子機のように使うことができます。たとえば親機を家に置いたまま子機だけ持ってでかけたり、親機で動画を楽しみながら子機で電話をするというような使い方ができます。

今までiPhoneとセルラー版Apple Watchで実現していたことをAndroidスマートフォンとこのワンナンバーフォンでもできるようにした感じですね。ワンナンバーフォンの親機にできるのはドコモのAndroidスマートフォン(Android8.0以降搭載)のみで、AndroidタブレットやiPhoneには対応していません。

作りはとてもシンプルです。約1.5インチの有機ELディスプレイとハードキーを搭載しています。本体サイズ/重量は、約110×54×7.0mm/55g。カードフォンとまではいきませんがそれでもスマートフォンとは別次元の小ささ&軽さで携帯性は抜群です。

ボトムにmicroUSB端子があります。イヤホンジャックはありません。一応Bluetoothに対応していますがワイヤレスイヤホンを接続して音声や音楽等を聞くことはできないそうです。ワンナンバーサービスを設定するためだけのBluetooth対応とかなんとか言っていました。

右端の穴はストラップホールです。軽いし主張しないデザインなので、首から下げて持ち歩くのも良さそうです。

SIMスロットはありません。eSIMが搭載されていて、親機で専用アプリを操作してBluetooth経由で通信に必要な情報が書き込まれる仕組みです。

待受画面はこのようになっていました。中央のボタンを操作して発着信履歴やSMS、電話帳に一発でアクセスできます。電卓が素早く使えるのが嬉しい。

メニューボタンを押すとメニュー画面が表示され、SMSやアラーム、電話帳、電卓、留守番電話、設定、と選択することができます。

機能としては他にエリアメールに対応していました。

「プライオリティ着信」という機能もあります。通常は電話がかかってくると親機と子機の両方が着信しますが、プライオリティ着信に登録しておいた番号からの電話は子機のみが着信します。大切な人の番号を登録しておけば重要な連絡だとすぐにわかるという形です。会場の説明員さんはこの機能がナンバーフォンにおけるイチオシの機能だとおっしゃっていました。

庭で何かやっていたりちょっとだけ外出するといったときに、スマートフォンを家に置いたままにできるというのはなかなか便利です。私はiPhone+セルラー版Apple Watchでそれをやっているわけですが、ワンナンバーフォンはAndroidと組み合わせることができ、しかも1万円を切る価格で買いやすいところが魅力です。贅沢を言えば親機の通知をワンナンバーフォンでも見ることができれば尚良かったのかなと思うところです。