Galaxy TabはHoneycombを飛び越えてIce Cream Sandwichにアップデートされる – ゼロから始めるスマートフォン
Android

Galaxy TabはHoneycombを飛び越えてIce Cream Sandwichにアップデートされる

Galaxy Tab Ice Cream Sandwich

Galaxy Tab Ice Cream Sandwich

Galaxy Tabが次期AndroidバージョンであるIce Cream Sandwichにアップデートされる見込みのようです。韓国メディアが報じています。

これによると、本日20日開催のGalaxy Tab10.1のローンチイベントで、サムスン高位関係者が「7インチGalaxy Tabは最終的にスマートフォンとしての方向性をとることとし、HoneycombではなくIce Cream Sandwichに更新されることになるのではないか。」と話したそうです。

タブレット向けに最適化されたHoneycombバージョンに対し、次期バージョンであるIce Cream Sandwichはスマートフォン向けとタブレット向けが統合された全デバイス向けのバージョンとなります。

しかし導入時期は未定であり、少なくともIce Cream Sandwichが公開される今年の年末以降のこととなります。

これは同製品のグローバルモデルあるいは韓国国内向けに投入されたものに対する話であり、ドコモから発売されたSC-01Cに向けたものではありませんが、バージョンアップの可能性があることだけは今回の件で明らかになった形になります。

情報元:ZDNet Korea