スマートスピーカー

東芝が北米向けにスマートスピーカー「TH-GW10」を発表。日本での発売も検討中

東芝映像ソリューションが、スマートスピーカーの北米向け製品として「TH-GW10」を発表しています。2017年末頃を目途に発売するとのことです。

日本での発売も検討しているようで、YouTubeではAIと日本語でやり取りしている動画をみることができます。

開発はオンキヨーと共同で行っていて、オンキヨーが9月下旬に米国で発売するとしている(もう発売した?)スマートスピーカー「VC-FLX1」と仕様や機能は同じです。AIも同じAmazon Alexaを採用しています。

スピーカーやマイクだけでなくライブカメラやモーションセンサー、ホームゲートウェイ機能も搭載しているので、ホームセキュリティーやホームオートメーション、危険予知、エナジーマネージメント、ヘルスケアといった、ホームIoT関連の主なサービスにも対応します。

一般的なスマートスピーカーよりも守備範囲は広く、東芝はこの製品を「音声対話デバイス」と呼んでいます。コネクテッドホーム(ホームIoT)の中核をなすデバイスです。

主なスペックは以下のとおりです。直径約9cm、高さ約20cmの円柱状の筐体です。実物を見れば意外と小さく感じるかもしれません。

関連リンク:プレスリリース

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ