Androidスマートフォンの各部名称

一般的なAndroidスマートフォンの各部名称と機能について説明します。

前面

smartphone_front

Androidスマートフォンの多くは前面のうちタッチスクリーン(ディスプレイ)が大部分を占めます。タッチスクリーンに指で触れて、スマートフォンを操作します。フロントカメラ通知ランプは搭載していない機種もあります。

  1. タッチスクリーン ・・・ 表示部分。指で触れて操作する。
  2. 通知LED ・・・ 電話の着信やメールの受信などを知らせるランプ。
  3. フロントカメラ ・・・ 主に自分撮りやビデオチャットなどの際に使うカメラ。
  4. 受話口 ・・・ 通話時、相手の声が出力される。
  5. 近接・照度センサー ・・・ 通話時に自動的に画面がOFFになったり(近接センサー)、周囲の環境に応じて画面の明るさを自動調整したり(照度センサー)する。

ナビゲーションキー

Androidスマートフォンには前面下部に「ナビゲーションキー」と呼ばれる操作キーが備わっています。このナビゲーションキーは、機種によってタッチスクリーンの外に物理的に設けられているものもあれば、タッチスクリーン上に表示される「ソフトウェアキー」となっているものもあります。

「ナビゲーションキー」には、一般的に「ホーム」「バック」「アプリ履歴」の3つがありますが、搭載するAndroid OSのバージョンによっては、「アプリ履歴」が無く「メニュー」があったり、その両方が備わっているものも存在します。

smartphone_frontkey

左がいわゆる「物理式」で、右が「ソフトウェア式」

背面

smartphone_back

ほぼすべての機種が背面にカメラを備えています。最近の機種の多くはカメラフラッシュを備えますが、旧モデルや廉価モデルではフラッシュを搭載していないこともあります。

また、機種によっては背面カバーを取外し、内部にアクセスできるものもあります。そのような機種の多くは内部にmicroSDカードスロットSIMカードスロットが設けられています。

  1. カメラ ・・・ メインで使用するカメラ。写真や動画撮影、QRコード読み取りなどに使う。
  2. カメラフラッシュ ・・・ 薄暗い場所でも明るく撮影するための光源。
  3. NFC&ワイヤレスチャージャーエリア ・・・ おサイフケータイを利用したり(NFC)、ワイヤレス充電をするための装置が埋め込まれている場所。

側面・上部・下部

smartphone_right

smartphone_left

smartphone_top

smartphone_bottom

側面・上部・下部には一般的に、電源キー音量調整キーヘッドセット接続端子送話口(マイク)microUSB接続端子があります。機種によってはカメラキーや、SIMカードスロットmicroSDカードスロットストラップホールなどがあります。さらに、送話時のノイズを抑制するためのセカンドマイクや、充電用の専用端子を備えたものまであります。

  1. SIMカードスロット ・・・ SIMカード(固有のID番号が記録されたICカード)を挿入する。
  2. 電源キー/画面ロックキー ・・・ 本体電源を投入。起動後は画面のON/OFF。
  3. ボリュームキー ・・・ 音量調整。機種によってはカメラのシャッターやズームとして機能。
  4. ヘッドセット接続端子 ・・・ ヘッドフォンやヘッドセットを接続。
  5. マイク ・・・ ノイズキャンセリング用のセカンドマイク。
  6. スピーカー ・・・ 音を出力。
  7. マイク(送話口) ・・・ 通話や音声入力時に使うマイク。
  8. microUSB接続端子 ・・・ microUSBケーブルを接続する。充電やPCへのデータ転送時に使う。

自分のスマートフォンの各部名称を調べる

Androidスマートフォンには各メーカーが製造した多種多様な機種が存在します。本記事で紹介した各部名称、および機能は一例であり、あなたの手元にあるスマートフォンとは異なる場合があります。多くの場合、製品に同梱の取扱説明書、または各メーカー、および携帯キャリアが提供している電子マニュアルに記載されています。

携帯キャリア提供のマニュアル

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

関連記事