Google Play ストアってなに?

(最終更新日:2017年7月28日)
Google Playは、Android向けのコンテンツサービスです。Google Play ストアにアクセスすれば、Androidスマートフォン/タブレットで使えるアプリや動画、音楽、電子書籍など、多くのコンテンツを入手することができます。

Google Playとは

「Google Play」は、Android OSの開発元であるGoogleによって提供されている、Android向けのコンテンツサービスです。

Android搭載スマートフォン/タブレットで利用できるアプリ、映像、音楽、電子書籍などが配信されているほか、Google独自ブランドのデバイスなど、ハードウェアの販売も行われています。

入り口は「Google Play ストア」

Google Playのコンテンツは「Google Play ストア」と呼ばれるオンラインストアで配信・販売されています。

Androidスマートフォン/タブレットには「Google Play ストア」アプリが標準でインストールされていて、ここからアプリやほかのコンテンツを利用できるようになっています。

Google Play ストアには、アプリ版のほかに、PC(パソコン)などのウェブブラウザからアクセスできるウェブ版も用意されています。

ヒント:Google Play/Google Play ストアは、かつては「Androidマーケット」という名前でしたが、2012年3月に現在の名前に改名されました。
ヒント:Android搭載機であっても、機種によってはGoogle Playに対応しておらず、Google Play ストアアプリがインストールされていないことがあります。

Google Play ストアの構成

Google Play ストアは以下のカテゴリーで構成されています。

アプリ

Android向けのアプリ(アプリケーションソフトウェア)が配信されています。アプリはゲーム、ツール、ビジネスなどジャンル別に用意されていて、インストールすることで、スマートフォン・タブレットに新しい機能を追加したり、新しいゲームで遊んだりできます。

映画&テレビ

映画やテレビドラマ、アニメなどの映像コンテンツが配信されています。映画を提供するスタジオは、ディズニー、ソニー、ユニバーサル、ワーナーなど。テレビ番組は、日テレ、テレ朝、TBS、テレ東のほか、アジアドラマ、海外TVなども用意されています。

販売形態は「レンタル」または「セル(購入)」です。

音楽

国内外の数千万の楽曲が配信されています。ランキングやジャンルごとの表示はもちろん、ユーザー個々に対するレコメンドや、シーンに適した曲の紹介などもあり、好みの曲が簡単に見つけられるようになっています。視聴もできます。

1曲ごとやアルバム単位での購入もできますが、月額980円のサブスクリプションサービス「Google Play Music」を契約すれば、配信されている全ての楽曲が聴き放題になります。

書籍

あらゆるジャンルの電子書籍が配信されています。無料サンプルが用意されていて、はじめの数ページを試し読みできます。

ニューススタンド

気になるニュースや雑誌をまとめてチェックできるサービスです。好みのニュース提供元や雑誌を登録しておくことで、最新のニュースや情報がスマートフォン/タブレットに届けられます。

端末

Google自身が展開するハードウェアブランド「Nexus」や「Pixel」のスマートフォン/タブレットが購入できます。「Chromecast」などの周辺機器や、オリジナルのアクセサリーも販売されています。

なお「端末」カテゴリーは、WEB版のGoogle Play ストアからのみアクセスできます。

利用料金は?

コンテンツには無料のものと有料のものがあり、有料のコンテンツは代金を支払うことで利用できます。Google Play ストアの閲覧や、無料コンテンツのみの利用であれば、料金は発生しません。

マルチプラットフォームに対応

Google Playのサービスのうち、映画&テレビ、音楽、書籍、ニューススタンドについては、Android以外のOS向けのアプリや、ウェブ版が用意されていて、Android搭載端末でなくとも利用できるようになっています。